社会福祉法人あすはの会|障害者支援施設|福生学園|福生第二学園|福生あらたま寮|三ツ藤あらたま寮|三ツ藤デイサービス|みしょう|就労プラザあいあい|

qrcode.png
http://asuha.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人あすはの会
〒197-0003
東京都福生市熊川1600-2
TEL:042-513-5678
FAX:042-513-5750
mail:asuhanokai-honbu@asuha.or.jp
026282
 

法人理念・役職員紹介

 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
    理事長 米山 岳廣
社会福祉法人あすはの会は、障害者のご家族と施設職員により、親亡き後の生活の場づくりを母体に創立されました。平成6年10月 知的障害者施設福生学園・知的障害者生活寮福生あらたま寮の開設を始まりとし、福生市、武蔵村山市、昭島市で事業を展開してまいりました。ご利用者様が安心した生活を送れるよう支援するとともに、地域にお住いの方にもご利用いただける福祉サービスを積極的に展開してまいりました。
 また、財政的にも自立した運営が求められるなか、ご利用者様に安心して選んでいただけるサービスをめざし、スタッフの育成に力を入れると共にサービスの質の改善に向けた取り組みを進めています。
  ご利用者様、ご家族様との出会いに感謝し、安心で快適なサービスの提供を心掛け、さらなる発展をめざしてまいります。
 

あすはの会 基本理念

あすはの会 基本理念
 

◎利用者ひとりひとりの自己実現

 利用者の自己実現とは、利用者が本人の持てる能力を最大限発揮できる場(インクルージブな社会)や環境(ユニバーサルな活動)を通して、生き生きと暮らしていけることを指す。

 

◎職員ひとりひとりの自己実現

 職員の自己実現とは、利用者のライフステージを支援する職員が、確かな知識と技術に基づく働きかけを的確におこなえ、それが評価され、職務に対するやりがいと自己の尊厳を確立していくことを指す。

 

経営方針

経営方針
 
◎基本的考え方
 社会福祉法人あすはの会は地域社会の中における重要な社会資源のひとつであります。それらを直接利用している方々に、専門的な福祉サービスを提供することは第一義的なことでありますが、それとともに法人の持てる資源やスキルを提供し、インクルーシブ社会の構築を目指す責務の一翼を担うことを経営の基本としていきます。
 
◎具体的経営方針 
(1)法人のネットワーク
 社会福祉法人あすはの会は、本部のある福生学園を中心に近距離の圏内に個々の利用者のライフステージに応じた総合的な支援が出来るネットワークシステムを構築・展開し、一人ひとりが「今、この時」に必要としている福祉サービスを的確に提供することのできる経営を目指します。
(2)「個別支援」の実現
 一人ひとりの個性を大切に、個別支援の視点にたって「今、この時」必要な福祉サービスを的確に提供していきます。
(3)音楽療法の充実と発展
 音楽療法の発展と、音楽大学や音楽関係者との研究協力を通じて日中活動の中で具体的な展開を目指し、利用者一人ひとりの、精神的安定を図ると共に、地域資源として、広く開放を進めます。
(4)文化活動への取り組み
 文化活動(創作、美術、スポーツ等)に積極的に取り組み、地域の芸術家、関係機関との交流を深め、利用者の文化的取り組みの意義を発信していきます。
(5)福祉セミナー・実践報告会による情報発信
 外部講師を招き、福祉セミナーを開催して地域福祉の向上に貢献するとともに、職員の人材育成、支援技術の向上を図ります。また、日々の福祉実践をまとめ、広く関係機関・団体等に呼び掛けた実践報告会の定期開催等をつうじて積極的に法人内の情報発信をしていきます。
 

役員紹介

役員紹介
 
役職名 氏 名
理事長 米山 岳廣
副理事長 斎藤 仁
理事 笹本 信夫
理事 菅原 幸次郎
理事 田中 剛
理事 堀越 修
監事 加藤 信一郎
監事 奥森 利一
<<社会福祉法人あすはの会>> 〒197-0003 東京都福生市熊川1600-2 TEL:042-513-5678 FAX:042-513-5750