本文へ移動

職員紹介

福生学園 生活支援員

笹井 星汰(生活支援員)

経歴

2018年8月 障害者支援施設 福生学園 入社

 

 

私があすはの会に入社したきっかけは高校生の頃に障害のある方との関りがあり、これを仕事にできないかと思い去年の8月に入社することになりました。

8月に入社してあっという間に1年が経ちました。
入社して1ヵ月の頃は、右も左も分からず利用者さん達とどう関わっていけばいいか分りませんでした。
しかし職場の先輩方が丁寧かつ分かりやすく教えて下さったので、今では利用者さんがどんなことを思っていて何をしたいのかが少しずつ分かるようになってきています。
 
この職場の魅力は利用者さんとの関りだと私は思います。
 
当たり前のことだと思いますが利用者さん一人一人性格が全く違います。
その利用者さんと真剣に向き合い利用者さんの答えにたどり着くことができた時利用者さんが笑ってくださるとこの職場で働いていてよかったなと思えます。
介護の職場だと堅苦しいイメージを持っている方も多いのではないのでしょうか。あすはの会は皆さんとてもフレンドリーで優しい方達ばかりで仕事以外で出掛けたりと私が仕事を続けられる大きな支えになっています。

高岡 祐希 (生活支援員)

経歴

2016年4月 障害者支援施設 福生学園 入職

 

就職して3年目に入り仕事にだいぶ慣れてきたため、次の段階へのスキルアップとして社会福祉士の資格取得を目指すことに決めました。
仕事と両立して勉強するにあたり、時間を有効的に使うことを心掛けました。通勤時間や夜勤の合間など、空いた時間を利用して勉強しました。
 
おかげで、無事に社会福祉士国家試験に合格することができました。
 
正直、仕事との両立は大変でしたが、合格できたことは自分にとって大きな自信となりました。そして何より、たくさんの知識を身に付けることができました。この経験が利用者の笑顔に繋がるように今後も精いっぱい支援にあたりたいと思います。

山中 康佑 (生活支援員)

経歴

2019年4月 障害者支援施設 福生学園 入職

 

私があすはの会に入職したきっかけは親しい知人の紹介でした。今まで福祉というものにあまり触れてこなかったのですが「人と関わりたい」という思いや、せっかくの「縁」だと感じ思い切ってこの業界に飛び込んできました。

初めはわからないことだらけで戸惑うこともたくさんありました。それでも私が今日まで仕事を続けられたのは、この福生学園の雰囲気がとても良いからです。職員同士の仲も良く、上司の方々も話しやすい方ばかりです。一つのチームとして、日々協力し、より良い支援を目指しています。理念である「職員一人ひとりの自己実現」にふさわしい職場だと思います。

利用者の方々はまさに十人十色、当然難しいこともあります。しかしその分良い支援が出来た時の達成感や、単純に色々な方々と関わる楽しさを感じられます。イベントの際などもみんなで一緒に楽しんでいます。ふとした瞬間の感謝や笑顔に救われることもあるかもしれません。

いまこうしてこの文章を読んでいただいているのもなにかの「縁」。もし一緒に働くことがありましたらその時はよろしくお願いします。



第二学園 支援員

青木 優介(生活支援員)

経歴 

2019年1月 障害者支援施設 福生第二学園 入社


 「業務」ではなく「支援」というマインドの違いが他の職種では感じられない介護特有のメリットであると思います。
介護職において、施設や介護の業種によって違いはあると思いますが基本的に人として人生を謳歌し、利用者さんがより良い生活を送るための支援に重きを置いていると考えています。
 自分の生活と利用者さんの要望をすり合わせ、困っていることを理解し解決策を練る中で新たな発見を利用者さんと共有できればといいのだと思います。日々用意されたものをこなし、ノルマを達成していく「業務」とは違い、利用者さんとのコミュニケーションの中で喜怒哀楽を感じ提供することが最高の「支援」だと思います。
 勿論、障害をお持ちの方々ですので意思の疎通が難しく要望に応えられない事もあります。利用者さんに対して悩みや分からない事もたくさんあります。それがストレスに繋がるかもしれません。
 そこは、あすはの会きっての職場環境の良さで上司や先輩からのアドバイス、相談や話し合いを通じて職員全員で問題解決を目指します。
そもそも利用者さんに対する悩みは施設全体の悩みですから、職員一人に任せきりにすることはありません。
しかし、なぜか私自身この仕事に責任ややりがいを感じています。その理由はこれから働いていく内に分かってくると思いますので楽しみです。

 あすはの会に入職し利用者さんと関わっていく中で初めて喜びややりがいを感じたシーンは覚えていませんが、きっと毎日見る利用者さんの笑顔が私の通勤中の足を早めている理由だと思います。

 


 

通所事業所 みしょう

武井 一磨(相談支援員)

経歴
2018年9月 昭島市相談支援センター入社 
 
・働いて難しかったと感じたところ

入社一年目は今まで携わったことのない分野や領域に関わる仕事が大変でした。様々なケースを抱えた利用者の方に日々接し難しい課題に直面した時にも職場の上司や先輩に協力を得ながら仕事に従事できることに満足しています。

・働いて良かったところ

研修の制度が大変に充実していて、知識や経験を十分に補っていけるところです。またわからないことがあれば上司や先輩にアドバイスを頂きながら業務を行っていけるところが良いところです。
 

障害者就労プラザあいあい 就労支援員

副主任 田嶋 弘子さん(現在 産休中)

経歴

2008年1月 就労プラザあいあい 入社

 

職場の皆さん(職員、非常勤ともに)の理解とサポートを受けることで、子育てをしながら仕事を行うことが出来ています。特に「理解」していただけることが一番助かり、「休む」「遅れる」ことに抵抗があるなか、その理解によって、安心してお任せ出来るようにしていただいています。

 

※2019年2月 只今2度目の産休中です

子ども発達プラザ ホエール

島津 勇樹(保育士・2019年 育児休業取得 スタッフ)

経歴

2016年 4月 福生学園 入社

2019年11月 子ども発達プラザ ホエール 異動

 

二子の出生に伴い育休を2週間取得させて頂きました。法人として男性の子育てにも理解をしてくださり、ゆっくりと育児に入ることが出来ました。職員皆さまのサポートもあり、暖かい雰囲気で現場に復帰しています。今では男性の育休も以前と比べ耳にすることが増えましたが、実際に育休を取得できる環境であることをありがたく思いました。

TOPへ戻る